デイサービスセンター天拝の園・地域包括支援センター天拝の園

特別養護老人ホーム天拝の園

【2F】 特別養護老人ホーム天拝の園

ショートステイ天拝の園・デイサービスセンター天拝の園・地域包括支援センター天拝の園

【1F】
・ショートステイ 天拝の園
・デイサービスセンター天拝の園
・地域包括支援センター天拝の園

施設サービス
在宅サービス
入院の必要はないが、身体の障害や認知症 などで常時介護が必要な方で家庭での生活 が困難な場合にご利用いただける施設です。
一時的に施設を利用して介護サービスを 受ける事ができます。介護のほか、食事、 健康管理、レクリエーションなど提供致します。
お食事をしたり、会話やレクリエーション を通じて楽しい時間を過ごしていただける ようにサービスを提供する場所です。
相談サービス
要介護および要支援認定を受けられた方の 介護に関するご相談をうけ、その方に併せ た介護サービスのプランを作成します。
高齢者の皆さんが住みなれた地域で安心 した生活を続けられるように支援を行う、 総合相談窓口としての機関です。
天拝の園では、特別養護老人ホーム、
ショートステイ、 筑紫野市地域包括支援センター、
デイサービス、ケアプランセンターで介護に関する
お仕事をしていただける方を募集しております。
詳しくはご連絡ください。

急募
只今、介護職員(介護福祉士)介護支援専門員
を急募しております。

※ホームページご覧になった方で直接当施設にご応募頂いた方は優遇あり。ご質問等だけでも構いません。お気軽にご連絡ください。

> 求人応募フォーム

採用情報介護職員看護職員介護支援専門員

2021.7.19

新型コロナウイルス感染症対策についてのお知らせを致します。
新着情報にてお知らせいたしましたが、天拝の園の職員と特養ご利用者様のワクチン接種が6月中に完了致しました。

接種者が多い為二手(A班・B班)に分かれての接種となりました。
A班)
令和3年5月20日(木)1回目
令和3年6月10日(木)2回目

B班)
令和3年5月27日(木)1回目
令和3年6月17日(木)2回目

共にファイザー社のコミナティ筋注です。
AチームBチーム共に重大な副反応はありませんでした。

尚、県の要請で令和3年2月より定期的に職員を対象にPCR検査を実施しておりますのでご報告致します。

【検査結果報告】
令和3年
2月16日(火)~2月17日(水)検査実施  ⇒ 全職員(約80名) 陰性
3月11日(木)~3月12日(金)検査実施  ⇒ 全職員(約80名) 陰性
3月25日(木)~3月26日(金)検査実施  ⇒ 全職員(約80名) 陰性
4月22日(木)~4月23日(金)検査実施  ⇒ 全職員(約80名) 陰性
5月13日(木)~5月14日(金)検査実施  ⇒ 全職員(約80名) 陰性
5月20日(木)~5月21日(金)検査実施  ⇒ 全職員(約80名) 陰性
6月03日(木)~6月04日(金)検査実施  ⇒ 全職員(約80名) 陰性
6月10日(木)~6月11日(金)検査実施  ⇒ 全職員(約80名) 陰性
6月21日(月)~6月22日(火)検査実施  ⇒ 全職員(約80名) 陰性
6月28日(月)~6月29日(火)検査実施  ⇒ 全書金(約80名) 陰性

7月~9月も月に一度の検査実施予定となっております。
最新情報はホームページ内の【新着情報】にて掲載予定ですのでご覧ください。
介護職員だけではなく事務職員・厨房スタッフ等全職員が検査をしております。
ワクチン接種は終わりましたが気を緩めずこれからも感染対策に努めてまいります。
尚、面会はオンラインにて行っておりますので(事前予約制)ご希望のご家族様は御連絡をお願い致します。

☆天拝の園 職員一同☆

2021.1.14

寒中お見舞い申し上げます。

施設長 森 尚子

2021年の年明けは、コロナ渦の第3波により、帰省の自粛や初詣の分散のお願い等でいつもとは違う年明けを迎えられたと思います。
私は、テレビをみなが「5・4・3・2・1」とカウントダウンをし、「あけましておめでとうございます」と言って即、布団に入って寝る。というのが最近の年越しのスタイルでした。

今年も同じようにテレビをみながらカウントダウンを待つばかりの5分前『パン!パン!』と音が聞こえてきました。
何事かと窓を開け見渡すと北東の方向に大輪の花火が打ちあがっていました。寒いのも忘れ窓を開けたまま花火を見ていると、近くのお寺から「ゴーン~ゴーン~」と除夜の鐘の音がかすかに聞こえてきて、全く想像もしていなかった感動の年越しを迎えさせて頂きました。
コロナ渦はとても怖くて、いろいろな事を奪っていきました。しかしながら、学ぶ事もたくさんあったように思います。

楽になるために、いろんな技術が目まぐるしく発展していく中、楽になるどころか子供から高齢者まで毎日バタバタと何かに追われるように過ぎていく毎日。にある日突然立ち留まる事を余儀なくされたコロナ渦、初めのほうは、コロナ離婚等という事も聞かされ心配しましたが、現状では『自分を見直すきっかけになった』『家族の大切さを改めて感じた』『家族の絆が深まった』『周りの人の温かさに気付くきっかけになったと』言う意見がたくさん聞こえるようになりました。

そんな中『鬼滅の刃』が社会現象となっています。
誰の心の中にも、鬼になりうる可能性があり、それを滅亡させるために日々自分と戦っているのが人間だと思います。それが自然に人々の心に突き刺さっているのだと思います。
『嫌だ!と思う事を追求していくのか』『それでもありがたい!』と思える事を探していくのか。鬼の心に支配されてしまうのか、人間の心のまま持ち堪えるのか、運命の分かれ道であると言っても過言ではないと思います。ここ数年間に及ぶ自然災害に加えコロナ渦。
心折れそうな出来事が次々とやって来、これからも平穏無事でいられる保証は何処にもありません。でも、それでも有難いと思える事はたくさんあります。嫌だ!という鬼に打ち勝ち、その先に見える景色を楽しみにしっかり前を向いて進んで行きたいと思います。

最後に、感染症拡大予防のためにご協力してくださっている、利用者様並びにご家族の皆様、関係業者の皆様、そして誰よりも利用者様を守るため、たくさんの事を我慢し、この事態を決死の覚悟で乗り越えようとしてくれている職員の皆様に心から感謝申し上げます。
コロナ渦の終息はまだ見えていませんが、3月頃には、ワクチン接種が始まるという情報です。今はこの事を頼みの綱に、引き続き共々に頑張って参りたいと思います。

新年早々大雪という困難に見舞われましたが、『それでもありがたい!』を探し、天拝福祉会の理念である『感謝・献身・創造』の心を様々な困難を糧に共に育って行くことができれば、とても嬉しく有難い事だと思います。

本年も、変わらぬご支援の程、何卒よろしくお願い致します。

福岡県の筑紫野市にて、特別養護老人ホーム、ショートステイ、 筑紫野市地域包括支援センター、デイサービス、ケアプランセンターの、 介護に関する包括的なサービスを展開しております、天拝の園です。
各施設が連携しながら、高齢者の方々が心豊かに生活できるようにお手伝いをさせていただきます。また、「むさしヶ丘保育園」を併設しており、各施設が一体となり、 共に学び、共に育み、共に歩んでいます。
ページ先頭へ戻る
トップページ天拝の園の特長法人案内お問合わせ・資料請求プライバシーポリシーサイトマップ関連リンク集
Copyright(c) 社会福祉法人 天拝福祉会 天拝の園 All Rights Reserved..